柴犬の新太郎

~The story of the blind Shiba Inu~

柴犬のケージ飼い

f:id:tetsujin64go:20200427181141j:plain

こんにちわ。私たち夫婦は掃除が大の苦手なので、床掃除はもっぱら自動掃除ロボットのルンバが大活躍。サボりがちなベッドの下、家具の後ろも掃除をしてくれるので大助かりです。しかし、ルンバの掃除音って結構大きいんですよね。来たばかりの新太郎は目が見えない分、音に敏感だと思っています。果たしてルンバの掃除音に耐えられるのか。今回は新太郎とルンバのやり取りをご紹介します。

f:id:tetsujin64go:20190731084126j:plain

<ケージ飼いのメリットを感じた> 幸い飼い主が心配するよりも新太郎は掃除中のルンバを気にしませんでした。少し警戒していましたが、ケージの中には入って来れないと分かったみたいです。新太郎のケージ周りを煽るかのように入念に掃除してくれたルンバでしたが。あまり気にしない新太郎でした。今回、ルンバを通してケージ飼いのメリットを感じました。ケージが無かったら新太郎は、ルンバに飛びついたり、逃げたり、恐怖を覚えたり、怪我をしていたかもしれないです。ケージ飼いも悪くないですね。