柴犬の新太郎

柴犬と東京多摩地域の暮らし

犬の「角膜ジストロフィー(網膜変性症)」について

f:id:tetsujin64go:20200509215554j:plain

 

こんにちわ。tetsuです。今回は、新太郎の病気の話です。新太郎は生まれつき目の見えない病気です。病名は「角膜ジストロフィー(網膜変性症)」です。今日は、その角膜ジストロフィーのお話です。

 

角膜ジストロフィー(網膜変性症)とは 

以下、かかりつけのお医者さんと話をした時のメモを参照にしながら書いたものです。

症状
  • 角膜ジストロフィーとは、遺伝要因が強く見られる眼の病気。(※脂質代謝異常での発症、角膜炎やブドウ膜炎などの炎症性疾患から二次的に発症することもある。)
  • 片目or両目の角膜に結晶状のコレステロールやリン脂質、中性脂肪といった沈着物が付着する病気で、痛みや炎症、痒みなどの不快感は伴わない。
  • 進行しても視覚を喪失するまでにいたることは、ほとんど無い。
  • 白濁は角膜中央付近から発生し、徐々に広がっていくこともあれば、そのままの大きさを維持する場合もある。また水分で膨らんでしまうこともある。
処置・治療 ・予防
  • 検査にて角膜の傷の有無を検査し、年齢や症状に応じて点眼薬や処方食を併用。
  • 原因の多くは遺伝によるものなので予防法はない。
  • 治療法も現在のところ確立されていない。ただ、重症例では角膜移植を検討する場合もある。
発見するには
  • 普通は、角膜の白濁で気づく。
  • 高脂血症や高カルシウム血症を伴って、角膜の白濁が生じる場合もあるため、少しでも気になった場合は直ぐに来て欲しい。

 

と言うことで、「基本的には予防や治療法がない。」「痛みや完全失明は稀」とのことで、「脂っこいものを取らない生活をしましょう。」とのことを先生に言われました。

新太郎の様子を見ていると、目を気にしている様子はない。散歩もそれなりに目の見える犬と同じように出来ている。

やはり完全失明ではないようです。光を感じることはできていますしね。ただ、歳をとったときにどうなるか。これからのことが心配です。生まれつきの病気なので若いうちはいいと思いますが、老化に伴う体の低下のときに白内障や緑内障に繋がるのが怖いです・・・。まぁ、それは人間も同じですね。

生まれつきで良かったね?

散歩中に出会った老夫婦が新太郎を可愛がってくれました。触ろうとしてくれたので、一応、新太郎の目ことを伝えると、老夫婦は

 

「最初から見えなかったから良かったわねぇ。途中からだと大変だから・・・。」

 

と言ってくれました。「ほぉ。そいう考えもあるのか。」勉強になりました。確かに聞くところによると、もともと犬と言うのは人間ほど視覚に頼って生きている動物ではないとのことです。

むしろ嗅覚や聴覚を大事にしている動物らしいです。確かに新太郎も生まれつき目が見えないと言いながらも、そんなに目が見えなくて困ったり、生きて行くのに不便を感じている様子はありません。これが人間だったら大変だったけど。

途中で視力を悪くしたワンちゃんは大変なようです。語弊がある言い方になるかもしれませんが、人間も途中で障害を負うと大変。と言いますもんね。老夫婦との会話は大変考えさせられるものとなりました。

 

ということで、今回は新太郎の病気「角膜ジストロフィー(網膜変性症)」についてでした。最後までお読みいただき、有難うございました!

 

※読者登録orブログランキングクリックorスターorブクマして頂けると幸いです。

柴犬の新太郎の応援どうぞよろしくお願いします。