柴犬の新太郎×「目が見えないケド何か?」

目が見えなくてもいいじゃない。散歩して電柱にぶつかったり、段差につまずいたり、水たまりに突っ込んだりして少しずつ慣れていけば良いんだよ。目が見えないから不幸じゃない。世の中には見えなくていい物も沢山ある。幸せになるなるんだよ新太郎。読者登録大歓迎&コメント貰えると飼い主ブログ投稿頑張れます!。

小金井公園にあるドッグランの利用登録に行ってきたの巻

こんにちわ。

今日は、都営小金井公園のドッグラン利用登録に行ってきたので、さっそくレポです。

 

「広大な敷地を誇る小金井公園

f:id:tetsujin64go:20190829203551j:image

小金井公園は、都営公園の中でも最大規模の公園で、広さ80ヘクタールを誇ります。

この広さで、年中無休&無料で入れる公園なのです。

 

「ドッグランの利用登録の仕方」

小金井公園内にあるサービスセンターに行く

f:id:tetsujin64go:20190829203631j:image

小金井公園のドッグランを利用するには、登録(無料)が必要です。

登録をすれば、利用は無料

登録は、小金井公園サービスセンターの窓口で受付けています。

受付時間:毎日9:00~17:00(年末年始を除く)

お問合せ:042-385-5611

 

②窓口で、登録に必要な物を提示

f:id:tetsujin64go:20190829212454j:plain

ドッグランの利用登録に必要な物は、

  1. 犬鑑札(プレート)
  2. 年度内の狂犬病予防注射済票

 この2点を忘れずに持って行きましょう。

 

③登録申込書を記入

  • 飼い主の氏名
  • 住所
  • 連絡先
  • 愛犬の名前
  • 性別
  • 犬種

を記入します。

 

④「ドッグラン登録証が発行される」

f:id:tetsujin64go:20190829210945j:image

登録申請書を記入している間に、職員さんが「ドッグラン登録証」の発行準備をしてくれており、記入後すぐに受けとることが出来ます。

 

登録は1年ごとの更新で、有効期限は6月から翌年の6月末迄と決まっていました。ので、ドッグラン利用登録日から1年ではないので、お間違いなく。

 

職員さんが登録証にスズランテープを巻いてくれました。ドッグラン利用時に登録証が見えるかたち(首からかける等)での常時携帯が必須とのことでした。

「首掛けフォルダーなどを準備している利用者さんが多いですよ~。」

と職員さんは言っていました。

 

小金井公園ドッグラン利用規約は必読

f:id:tetsujin64go:20190829214103j:plain

小金井公園ドッグラン利用規約

 

「ドッグランの様子」

自然豊かな3つのゾーンに分かれている

f:id:tetsujin64go:20190829211014j:plain

小型犬ゾーン

f:id:tetsujin64go:20190829211133j:plain

プレイゾーン(全犬種対応でボール、おもちゃ遊び可)

f:id:tetsujin64go:20190829211805j:plain

中・大型犬ゾーン

小金井公園のドッグランは、雑木林の中を柵で囲んで作っている自然豊かな場所で総面積約3,300㎡3つのゾーンに分けています。

 

ドッグランの地面は、土です。愛犬の本能をくすぐること必須+脚を中心に身体は汚れることも必須です。

「過去には、悲しい出来事も…。」

忘れては行けないこと。

過去に、小金公園のドッグランで悲しい事件が起きています。

 

犬は、何も悪くないんです。悪いのは飼い主のモラル・マナーです。

 

こういうことが、今後二度と起こらないように、みんなで楽しめるドッグランになるといいですね。そして、忘れてはいけないことだと思います。

higebozu.cocolog-nifty.com

ameblo.jp

ameblo.jp

 

近日、新太郎のドッグランデビュー!

小金井公園大好きな飼い主と

f:id:tetsujin64go:20190829213132j:plain

無事、小金井公園のドッグラン利用登録が終わりました。「安心と安全のもとに沢山のお友達が新太郎にも出来るといいなぁ。」と思っています。

 

ということで、新太郎、近日ドッグランデビューしますっ!

 

ちなみに、小金井公園は飼い主が幼稚園の頃(現在33歳)からお世話になっている公園です。行くたびに、過去の楽しい思い出が蘇ってくる個人的なウルトラパワースポットです。

ま、最終的には、「あれから随分、歳をとったなぁ…。」となるんですけどね。

 

www.tokyo-park.or.jp