柴犬の新太郎×「目が見えないケド何か?」

目が見えなくてもいいじゃない。散歩して電柱にぶつかったり、段差につまずいたり、水たまりに突っ込んだりして少しずつ慣れていけば良いんだよ。目が見えないから不幸じゃない。世の中には見えなくていい物も沢山ある。幸せになるなるんだよ新太郎。読者登録大歓迎&コメント貰えると飼い主ブログ投稿頑張れます!。

愛煙家が犬を飼いはじめて煙草のポイ捨ての多さにドン引きするの巻

 

こんにちわ。

新太郎は9ヶ月(推定)くらいになりました。

 

人間で言うと〜15歳といったところみたいですね。

 

f:id:tetsujin64go:20190907091405j:plain

何となく焦点が合わない新太郎

 

少しずつ(人間換算だと超早いけど。)大人になってきた新太郎。

 

常に全力でリードをガンガン引っ張っていた新太郎ではなくなりました。

 

f:id:tetsujin64go:20190907092043j:plain

我が家に来た当初。ガンガン行くよ!

 

目が見えなくても「お座り」・「待て」は、しっかりできるようになりました。

 

「伏せ」と、飼い主が胡座をかいている足の上を「ジャンプ」することも覚えてきています。

 

音に敏感であるが故に、意外と物を音で覚えるのは、早い(得意)だと思います。

 

f:id:tetsujin64go:20190907091557j:plain

今日の新太郎リードをあまり引っ張らなくなりました。

 

そんな新太郎ですが、唯一、目が見えないことで苦労しているのが、外を歩いているときに「突然踏んでしまった物に驚いて、とりあえず口に入れる。」ことです。

 

石ころ。砂利。落ち葉。枝。煙草の吸い殻。などを口に入れます。

  

「ビくっ!」って驚いて「ハムっ!」って感じです。

 

石ころについては、当初は口に入れたら直ぐに叱って無理矢理、飼い主の手を新太郎の口に突っ込んで取り出していたのですが、、、

なんかお互いに疲れるので、口に入れても無視しすることにしました。

 

すると、どうやら、

 

(...カミカミ。ん?これ硬いなぁ。しかも、マジィなぁ?)

 

と思ったのか、自分からペッっと出すようになりました。

 

しかし、落ち葉と煙草は、柔らかくて食べれるので、今でもガッツリ手を突っ込んで取りだします。

 

とくに、落ち葉なら未だしも煙草の吸殻は身体にも良くないので、こちらも必死に取り出します。

 

f:id:tetsujin64go:20190907091652j:image

 

 

喫煙者の私。犬を飼い始めて、ポイ捨ての多さにはじめて気がつきました。普段、道路(下)を見ながら歩きませんからね。

 

私も喫煙者ですが、ポイ捨てはしません。(しなくなりました。)

 

喫煙者にとっては、今のご時世、肩身が狭いです。

からこそ、しっかりとルールを守っていかなければ、より一層世間の(吸わない人の)目は厳しくなっていきます。

 

f:id:tetsujin64go:20190907092232j:plain

ポイ捨て反対!僕が食べちゃうよ!


喫煙者の私でさえ、煙草のポイ捨てに若干イラっとするので、吸わない人にしてみればたまったものじゃないでしょうね。

 

特に、自分の家の前に落ちてたりすると。喫煙者として(ポイ捨てしてないケド)お詫びします。ごめんなさい。