柴犬の新太郎

元保護犬。生まれつき目が見えない柴犬と東京都多摩地区に住む30代夫婦が過ごす優しい時間

お家紹介のはずが・・・

f:id:tetsujin64go:20190918090523j:plain

おぉ楽しみ

 

f:id:tetsujin64go:20190918090543j:plain

せっかく立派なクレート買ったのに。

それより、

 

f:id:tetsujin64go:20190918090556j:plain

何これ?

 

f:id:tetsujin64go:20190918090627j:plain

!!!!!!!!!?

 

f:id:tetsujin64go:20190918090638j:plain

コラ〜!!隠すな〜!!

 

こんにちわtetsuです。

今日の記事は、新太郎のお家紹介のはずだったんです。しかし、紹介写真を撮っていて気づいた(気づきたくなかった)のは、壁に刻まれた堀跡。

 

最近の新太郎、ケージの柵越しから外に手を出すことが多くなってきたと思ったら、こんなことをしていたとは。

 

ちなみに、我が家は立派な賃貸アパートですっ!これは家を出るときに果たして敷金2か月分で賄えるのか?敷金全額償却?いや、+αか。。。

 

「あぁ。いつか壁1枚の傷を思い出の痕跡として気にせず残せる優雅な1戸建てに住みたいなぁ。」

 

と思う飼い主でした。