柴犬の新太郎

柴犬と東京多摩地域の暮らし

土管に入りました

f:id:tetsujin64go:20200222072045j:plain

母ちゃんを追いかける新太郎

里帰り先の公園に土管がある。

 

f:id:tetsujin64go:20200222072040j:plain

土管がある公園

リアルで見つけたのって小学校の時の校庭以来。何故かテンションが上がる。

 

f:id:tetsujin64go:20200222072037j:plain

いざ土管へ

 

f:id:tetsujin64go:20200222072031j:plain

土管の上に

とりあえず登ってみる。

 

f:id:tetsujin64go:20200222072043j:plain

頂上

・・・。

 

f:id:tetsujin64go:20200222155844j:image

「漢はとりあえず登りたくなる生き物」

 

f:id:tetsujin64go:20200222155914j:image

トンネルの中を新太郎が行く。


f:id:tetsujin64go:20200222160004j:image
f:id:tetsujin64go:20200222160008j:image
f:id:tetsujin64go:20200222160522j:image
f:id:tetsujin64go:20200222155951j:image
f:id:tetsujin64go:20200222155955j:image

ちなみに父ちゃんは土管に入らなかった。

体が成長したから。

横にも縦にも。

 

気軽に入れなくなった土管。

 

小さな体の時限定の遊び管。

 

土管の入り口を前に物思いにふける。

おっさん。

 

あぁ昔は気軽に入って遊んでいたのに。

 

鉄棒とか平均台とか色々出来なくなってるんだろうなぁ。

 

f:id:tetsujin64go:20200222154032j:image

漢は背中でも語るんだ。

贅肉で。