柴犬の新太郎

~The story of the blind Shiba Inu~

柴犬とダブルリード(鉄砲ナスカンの盲点)

f:id:tetsujin64go:20200522154947j:plain

こんにちわ。ハーネスや首輪のすっぽ抜けが多いようですが、ナスカンの外れも皆様注意して下さい。今日の散歩中に新太郎が脱走しました。結果から申し上げますと新太郎に怪我や事故はありませんでした。読者さんやSNSで交流している方で、うちの柴犬の首輪が抜けた、ハーネスが抜けた、家から脱走した!という記事や投稿を何度もお目にしたことがあります。柴犬は脱走する生き物です。と書いてある記事もありました。このようなヒヤリとする記事を読むたびに、次は我が身(新太郎)だ。と注意することを意識してきました。不幸中の幸いに、ブログやSNSでのお友達の愛犬は、無事に普段の生活を今も送っています。しかし、ナスカンが外れるとは盲点でした。

 

f:id:tetsujin64go:20200522155156j:plain最近、ハーネスをユリウスK9に変えましたました。(これも抜ける時は抜けるらしい。)首輪とハーネスを用いて、ダブルリードで安心、安全の散歩が出来るようにしている。つもりだったんです。リード、ハーネス、首輪の点検も怠ったことがありません。しかし今日、恐れていたことが起きました。ダブルリードの盲点を突かれました。リードとダブルリードの間の接続金具である鉄砲ナスカンが外れたんです。実は内心危ないかも。と思っていました。この部分ってある特定の力が一定方向に作用すると開いてしまうんですよね。今日も新太郎と散歩中に新太郎の引っ張る力と僕のリードを引っ張る力に変な作用が働き、僕の脚に当たったこともありナスカンが開いてリードが外れてしまったんです。心臓バクバクでした。

 

f:id:tetsujin64go:20200522162728j:plain

で、この問題の鉄砲ナスカンの対処法なのですが、最近まで使っていたリードはナスカンの盲点をしっかりとカバーできるプラスチックが付いていました。(上記写真接続部分黒色のカバー)これを新しいリードに付け替えます。もしくは、首輪用リードを持ち、ハーネス用リードを持つ2本パターンも真剣に考えています。ハーネスや首輪のすっぽ抜けが多いようですが、ナスカンの外れも皆様注意してみて下さい。