柴犬の新太郎

柴犬と東京多摩地域の暮らし

ウォシュレット依存症?❘ウォシュレットがないと生きていけない

こんにちわ、tetsuです。

今回は、ちょっと不快な記事かもしれません。お食事前の方は、ご遠慮くださいね。(笑)

 

f:id:tetsujin64go:20200604204339j:plain

 

最近、新太郎を公園に連れて行くと特定の草を夢中になって食べます。

 

お腹の調子でも悪いのかな~?

 

草を食べているときは、リードを引っ張っても全力で拒否します。それ程草に夢中です。

 

 

 

次の日、、、

 

f:id:tetsujin64go:20200604204451j:plain

 

朝の散歩中、便意を催した新太郎。足をドタバタしながらう〇ちを出すポジションを決めます。

 

ブリリ。 

 

 「!?」ドタバタ!!

キャンギャン!!」ドタバタ

ギャーン」座り込む

 

そうなんです、草がお尻から出切らず、新太郎の肛門からピヨーんっと出ている状態。

 

こ、これは、辛いな。

 

なんとか暴れる新太郎の胴体をロックして、ウンチ袋を新太郎の肛門にあてて、葉っぱを引っ張ります。

 

スルルー。。。

 

長っ!

 

肛門から葉っぱが出ると、テンションがだだ下がりで散歩を再開する新太郎。

時々、肛門に違和感があるのか、ペタリとお尻をつけて座り込んでました。

 

ちょいちょい、こちらの様子を気にしたりしていて、何だか・・・

 

f:id:tetsujin64go:20200604204713j:plain

 

僕のこと」

 

f:id:tetsujin64go:20200604205211j:plain

 

「いじめた?

 

みたいな感じで僕の様子を伺っているように見えるので、なんだか罪悪感が凄い。 

 

さて、新太郎の様子を見ていて、歩きながら思いました。

 

f:id:tetsujin64go:20200604204917j:plain

 

・・・僕は、ウォシュレットがないと生きていけない。

 

思えば、ウォシュレットを使い始めたのは大学生になってからでした。生まれてから小学校5年生までは、我が家は和式の便所だったんです。

 

引っ越して我が家もやっと洋式便所になり、中学生になると父親が従兄に促されてウォシュレットを買いました。この時が、ウォシュレットデビューです。

 

だけど、思春期真っ只中の僕は、ウォシュレットが我が家に会っても、家族と同じウォシュレット(ノズル)を使うことにかなりの抵抗を持っていました。ましてや、公共のトイレでは尚更。

 

ウォシュレットを使いまわすなんて、ありえない。

 

それが、思春期も落ち着き、生き方も大雑把になり、少し成長して大らかになった?大人になった僕は、肛門ももぅピチピチではなくなってきたのを感じ、大学生の時に大学構内の便所でウォシュレットを使いました。

 

ウォシュレットすげぇ。

 

何度も、う〇ちを拭かなくていいこと、肛門のスッキリした感じ、いちいち立たなくていい、ペーパーの節約にもなる、等々

 

ウォシュレットの恩恵を受けて、そして、今日ではウォシュレット愛好家です。

 

もう外でウォシュレットが付いていないトイレだったときは、トイレしませんから。そういう時は、わざわざウォシュレットが付いているトイレ(お店)を探します。

今、世間でたたかれているパチンコ屋さんは、トイレのウォシュレット完備率が高いので、個人的には評価しています。(笑)

 

それほどに、ウォシュレットがないと嫌な自分。もうウォシュレットがないと生きていけません。日本生まれのウォシュレット。これほど、日本に生まれてよかったと思ったことはありません。

あ、ウォシュレットってTOTOの商標登録なんですよね。知ってました?他は、シャワートイレ(INAX)とかだそうです。

ウォシュレットの使い過ぎは、肛門が持っているそもそも免疫力や殺菌力を弱めてしまうと何処かで聞いたことがありますが、、、

 

そんなこと、知ったことかぁ!

 

と、ガンガンウォシュレット使っております。

 

不快な話でしたが、新太郎のう〇ち引っかかって、不便そうにしている姿を見て、ウォシュレットのありがたみを再確認した僕でした。

 

ちなみに、ウォシュレットにも色々な種類があります。僕は、勢いが強いけど、鋭利な出方ではなく、広範囲に温水が出てくるウオシュレットが好きです!(笑)

 

書いていて、どんだけ自分がウォシュレットが好きなのかと、どんだけくだらない記事を熱くなって書いているのか。。。

 

f:id:tetsujin64go:20200604205313j:plain

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

柴犬ランキング参加中です。是非クリックよろしくお願いします!